事業部でVSM

今回は運営側で、外部コーチなしの社内運営で実施。

まぁやっぱりしっかりとしたプロセスにのることを求められるプロジェクト運営の中では、当然ながらプロセスを見直すということはありえない。
なので、実際に作業とか人の動き方とか中間成果物とか役割分担とかそういうものを見直して、如何に手戻りを減らして作業量を減らせるかというのがポイント。

これがプロセスに準じている場合のVSMの活用。

これはスタート時にどういうタイプのプロジェクトか、というのを意識して導かないと、プロセスを分解していくスコープや粒度やアクションプランの引き出しに思い切り失敗するなってのが反省というか学習。

でも、みんな充実していそうでよかった。